ココロカラダなちゅらるtime

高齢出産初めての育児とすっぴん美肌を両立させる敏感肌・乾燥肌・年齢肌に優しいアイテムの口コミ&体験レビュー

産後ダイエット

チョコレートダイエットを1週間試してみた話

更新日:

 

おはようございます にこです

 

来月、結婚式に招待されているのですが持っているパーティドレスがはち切れそうです(´;ω;`)

せっかくだし、新調しよう〜( ´艸`)

と、密かに企み
主人と一緒にショッピングセンターへ行った時に
お嬢ちゃんを主人に見ててもらって何着か試着したんです

素敵な服はあったものの、撃沈して戻った私に主人が一言

入らなかったんでしょ?

はい、私、口には出しませんでしたが相当怒っております

と、いうわけで悔しさをバネにダイエット始めました

まず、チョコレートダイエットを1週間試してみました

さて、結果はいかに!?

 
 

 

チョコレートダイエットとは?

名前のとおりチョコレートを食べてダイエットをするというものです

チョコレート大好き(*´ω`*)
チョコレート食べてダイエットなんて、夢の様な話です!!

チョコレートに、ポリフェノールという成分が含まれていることがポイントになります

正確にいうと、チョコレートの原料になるカカオ豆に含まれるカカオポリフェノールです

食べ物に含まれている成分に対する関心が高まっている中でも、注目度が高いものといえばポリフェノールですね

緑茶、赤ワインをはじめ、ポリフェノールが含まれる食材は多くありますが
チョコレートやココアは、カカオ豆を素材を丸ごと使うので他の食べ物よりもポリフェノールが豊富に含まれるのです

そんなチョコレートを1日に決まった量を食べることでダイエットするのが、チョコレートダイエットです

 

カカオの力がすごい!

カカオは昔は薬として使われていたそうです
その歴史はとても古く約4000年前から薬として使用されていたんだそうです

カカオには、たくさんの栄養素があり、特に女性には嬉しい効能がたくさんあるんですよ

冷え性改善

カカオポリフェノールは血管を広げる作用が期待できるという研究があるそうです

なのでチョコレートを摂取することで末端の血管が拡張し、血流がよくなると冷え性改善し
さらにむくみの解消も期待できると言われているんです

抗ストレス

チョコレートの香りに含まれるテオブロミンという物質が大脳を刺激することで
神経を落ち着かせ、リラックスさせてくれるそうです

また、テオブロミンは脳内ではセロトニンの働きを助け、ストレス解消を促してくれると言われています

抗酸化作用

カカオポリフェノールは、肌老化の原因のひとつである活性酸素が引き起こすトラブルを防ぐことが確かめられています

動脈硬化を引き起こす原因のひとつも、体内に生じる活性酸素があげられます
カカオポリフェノールの持つ強い抗酸化力で、酸化を抑える働きが期待されているので
動脈硬化の予防にもアプローチしてくれます

アレルギーの改善

アレルギーの発症にも過剰に作られる活性酸素が関わっています

カカオポリフェノールは、この活性酸素を生み出すさまざまな因子の働きを抑制するといわれています

カカオはアレルゲンに対する反応を穏やかにてくれるだけでなく
アレルギー症状が出た後でも重症化するのをなるべく防いでくれるという嬉しい働きをしてくれます

脳の活性化

加齢とともに低下してしまう記憶や学習などの認知機能ですが
カカオポリフェノールは、脳の栄養といわれるBDNFに働きかけることで、認知機能を高められる可能性があるんだとか

便通改善

カカオには、カカオプロテインという成分も含まれます

このカカオプロテインには難消化性の性質があります

難消化性は、消化されにくい性質なので
小腸で消化吸収されず、そのまま大腸まで届き便となって排出されることで便通改善に期待がもたれています

また、腸内細菌のえさとなるので
腸内フローラを整えてくれ、整腸作用を及ぼすことも期待されています

 
 

チョコレートダイエットの方法

チョコレートダイエットには、幾つかの注意点があります

一番大事なポイントは、チョコレートのチョイスです

必ずカカオ含有が70%以上のチョコレートを選んでくださいね

普通の甘いタイプのチョコレートではダイエットには効果はないので注意してくださいね

それどころか増量してしまう可能性もありますよ!!

食事はバランスよく3食摂取する

どんなダイエットでもそうですが
食生活が極端に偏ったり、食べる量を極端に少なくするのは健康を損なってしまう可能性があります

バランスのよい食事を心がけ必要不可欠な栄養素を摂取し、適度な運動を心がけましょう

食前、食後に分けて食べる

チョコレートには、カカオに含まれる食物繊維と少量の糖分により満腹感がえられるので、食欲を抑えることができるのです

カオ含有量の多いチョコをひとかけ、食前に食べると食欲が抑えられるので
ついうっかり食べ過ぎてしまうリスクがさがります

チョコレートを摂取した際の食物繊維が食前に腸壁にくっつくことで
食事で採った余分な脂肪や糖分も絡めて吸収してくれるので、腸に吸収されるカロリー量が少なくなるというプラスのサイクルがおきます!

食べる直前というよりも、10分くらい前にたべるとより効果的だそうです

そして、食後に食べることで
デザートを食べれたという満足感が得られ、我慢だけのダイエットではないので、ストレスも軽減されます

1日の摂取量を守る

カカオ70%以上のチョコレートならいくらたべてもいいわけではありません

一日に50グラムまでが目安です

 

チョコレートダイエット1週間の記録

チョコレートダイエットを試してみた1週間の記録です

 

体重 運動 経過
Day 1 57.7kg 散歩30分 しょぼくれることがあって、おやつを食べなくても平気だった
Day 2 56.8kg 散歩30分 チョコレート食べられるから、そんなにイライラしない
Day 3 56.5kg 散歩30分 波乗り1時間 3日目でおやつ禁断症状が出てきたけど、乗り切った
Day 4 56.5kg 散歩30分 イライラする事ありで、欲望に負け食後ににアンパン食べてしまった
Day 5 56.8kg 波乗り1時間 イライラが治まらずご飯がっつり食べてさらに、オヤツまで( ノД`)
Day 6 57.0kg 散歩60分 外に遊びに行ったついでに、誘惑に負け和スイーツをペロリ
Day 7 57.0kg 自転車30分 最終日でようやく持ち直したけど…

私は食後に何かを食べたくなってしまうので
食前に一気に食べてしまわずに
食前にひとかけ、食後にひとかけと分けてチョコレートを食べてみました

食前にチョコレートを食べることで
ものすごくお腹がすいてドカ食いしてしまいそうな日もセーブできました

5日目のドカ食いの日は食前にチョコレートを食べ忘れたのです
そしたら、やっぱり食欲をセーブできませんでした( ノД`)…

前半は順調で一気に体重に変化が出るかな?って期待したのですが
後半、ちょっとイライラしてしまう出来事があって
ストレスをセーブしきれずいろいろ食べてしまいました(´;ω;`)

それがなければ、もっと減量できたと思います
課題が残ってしまったので、またトライします!

 

チョコレートダイエット効果は?

私の場合、生活においてのイライラで後半に心が折れてしまいましたが
1週間で57.7⇒57.0kgと-0.7kgでした

心が穏やかに過ごすことができれば
チョコレートを食べられるという満足感もあって
おやつをセーブできそうだったのでちょっと心残りがあります

他のダイエットのように
食べてはいけないダイエット方法だと
我慢の連続でストレスも溜まってしまい挫折してしまいますよね

チョコレートダイエットは
チョコレートが食べられるという満足感があるので続けやすいと思います

チョコレートが好きなので
次回はもっとストレスとの向き合い方を考えて
チョコレートをダイエットに有効に活用できるようにしたいです

ぜひ、またトライしたいです

最後までお読みいただきありがとうございます
☆ブログランキングに参加しています☆
皆様の応援ポチが励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ

googleAd336

googleAd336

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-産後ダイエット
-, , , , ,

Copyright© ココロカラダなちゅらるtime , 2018 All Rights Reserved.