ココロカラダなちゅらるtime

高齢出産初めての育児とすっぴん美肌を両立させる敏感肌・乾燥肌・年齢肌に優しいアイテムの口コミ&体験レビュー

産後ダイエット

冬が狙い目!冬ダイエットのすすめ

投稿日:2016年12月11日 更新日:

 

おはようございます にこです

 

 

冬は太りやすくもあり、痩せやすいんです

 

 

12月に入り早速いろんなイベントがあって、いろいろ食べてしまうことが多くなってしまいました

この調子だと、せっかくダイエットしているのに年末~年始の実家の帰省で
大変なことになる!!!

 

 

と、焦っています(´ε`;)

 

 

ただでさえ、毎年、冬は確実に脂肪を蓄えて体重も+2㌔増になってしまいます

そして、春が近くなり薄着になってくると

 

今年も冬に太ってしまった・・・

 

って、反省するんです

 

 

でも、心のどこかで冬は寒いから脂肪を蓄えるんだよ!
仕方ないさ~って開き直っていました

 

 

でも、体重の増減が気になる今年は

冬にダイエットでどうなのかな?

って、リサーチしてみました

 

 

冬太りを制すれば、気持ち良い年明けを過ごせそうじゃないですか??

今回は、冬ダイエットのポイントについてお伝えします

 

冬は太りやすい!

クリスマスに忘年会、お正月、新年会などなど12月~1月にかけてはイベントが盛りだくさんですよね~

 

私も毎年この時期は、間違いなく太っています

それに、

冬は、脂肪を蓄えやすいんでしょ~

って太ることを前提に過ごしていました

 

 

冬は、確かに、太りやすい要素がたくさんあります

でも、冬には、痩せやすい要素もあったんです!!

太りやすい要素と痩せやすい要素、どちらも理解した上で対策をとることで、
冬をダイエットに最適な季節にに変えることができるのです( ◔ิω◔ิ)

 

太りやすい冬を過ごしてしまうポイント

冬に太りやすいと感じる人が多いと思います

それには、冬特有の理由があるのです

 

動物の本能的な要因

冬眠する動物だけでなく、人間も寒さから身を守るために脂肪を蓄えようとします

冬の体には、本能的に脂肪を蓄積しようとする傾向があることは、知っておいた方が良さそうです

 

カロリー摂取量 > カロリー消費量になりやすい

たくさんのイベントがたくさんある冬は、外食が増え、食事のコントロールがしにくい季節ではないでしょうか?

 

年末年始はイベントが盛りだくさんでカロリーの高い食事をする機会が多く、お酒の量も増えてしまいがちです

 

その結果、どうしてもカロリーの摂取量が消費量を超えがちになり、太りやすくなるのは事実です

 

運動不足

ほかの季節に比べて寒い冬は、外出するのが億劫になり、冬になると急にインドア派になりがちです

 

そうなると、室内でできる運動を積極的にしようとしない限りは、体を動かす機会もぐぐっとへってしまいます

 

すると、当然消費カロリーは大幅に落ちるため、その分、痩せにくくなってしまいます

 

冷え性による血行不良

寒い季節になると悪化する人が多いのが冷え性ではないでしょうか?

 

血の巡りが悪化すると、体に栄養素を運搬したり、老廃物を回収したりする血液が体内を循環できなくなり、末端の冷えや代謝の低下を招きます

 

その結果、脂肪燃焼のための栄養素が不足し逆に太ってしまったり、老廃物が回収されずにむくみや脂肪となって定着してしまう悪循環になってしいまいます

 

寒さだけでなく、運動不足による筋力の低下や、矯正下着での締め付けすぎも血行不良による冷え症の原因になることもあるので注意が必要です

 

痩せやすい冬を過ごすためのポイント

太りやすい要素を書き出してみると、どれもうなずけるものばかりでしたね・・・

 

こうやって書き出してみると、ぼんやりと気がついていながら見ないことにしていた太りやすい要素がはっきりとしてきて、対策ができそうですね!

 

 

それに、冬には太りやすい要素だけでなく痩せやすい要素もあるんです

 

冬は基礎代謝がアップする

私たちには、生命を維持するために、外部の環境に順応し、体内を安定した一定の状態に保とうとする働きが備わっています

 

気温の低い冬に体温を保つために、体は熱を作る必要があります

 

冬は、体温を保つためにたくさんのエネルギーを消費されるので、基礎代謝がアップするのです

 

つまり、冬の基礎代謝のアップにつながっています

 

ちなみに、基礎代謝の量が多い人ほど簡単に痩せることができるのです

 

冬は褐色脂肪細胞が活性化する

私たちの脂肪は大きく分けて「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の2種類があります

 

白色脂肪は皮下や内臓に分布し、体内の余分なエネルギーを脂肪として蓄積します

 

そして、褐色脂肪は、肩から鎖骨の下や背骨の周りに分布し、脂肪を燃焼し熱を産生する働きを担っています

 

 

そう、冬に痩せやすくなるポイントが、褐色脂肪細胞です

 

褐色脂肪細胞は、脂肪なのに、なぜ注目されているかというと

褐色脂肪細胞は、体が寒さを感じた時に、体内の栄養素を熱にして、体を温めてくれる働きをしてくれるのです

 

 

つまり、この褐色脂肪が活性化すると脂肪を燃やしてくれるので、脂肪でありながら、ダイエットのためにも役立つ脂肪なのであります

 

 

褐色脂肪は、肩甲骨の周辺、首周り、ワキの下などの限られた場所にあるんだそうです

 

そして、この褐色脂肪細胞は、気温が低いと活性化するといわれているので、冬は、褐色脂肪細胞を活性化させることで脂肪を燃焼しやすくすることができるのです

 

 

褐色脂肪細胞を増やすには?

実は、褐色脂肪細胞は、まだ研究が浅く、今までは褐色脂肪細胞を増やすことはできないと考えられていました

 

2012年1月に発表されたハーバード大学医学部の研究によると、運動をすることで特定のホルモンが増加し、それが脂肪を燃焼させる役割をもっているホルモン物質が発見されたそうなんです

 

 

そう、褐色脂肪細胞を活性化させ、白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変える素晴らしい物質があるのです

 

その物質というのが筋肉が生成する「イリシン」と、褐色脂肪が生成する「FGF21」というホルモンです

 

 

これらのホルモンには、白色脂肪に対して働きかけ、褐色細胞と同じようなカロリー燃焼効果をもたせてくれる

 

 

つまり、白色脂肪細胞が褐色脂肪細胞に変えられたり、褐色細胞を増やす作用があることが分かってきたんだそうです

 

 

イリシンとFGF21という素敵なホルモンは、増やすことができることが確認されています

 

 

気になる増やし方は、ずばり!!

寒さによる震えと適度な運動です

 

 

この2つは、どちらもカロリーを燃やす脂肪を作り出すのに効果的であることが、実験され確かめられたそうです

 

寒さによる震えと記載すると、どれだけ寒い場所に身を置かなくてはならないのか?!と、ドキドキしちゃいますよね

 

だいたい、気温が14~16度になるとホルモンの分泌が増え、脂肪細胞が熱を産生しはじめることが確認されているそうです

 

 

寒さと運動により、褐色脂肪細胞の活性化を促進できれば、カロリーの燃焼がより高まり、ダイエットにも役立ちますね

 

14~16度の気温って、そんなにブルブルと震える寒さではないと思うので
雨降っていない日は、積極的にお嬢ちゃんと一緒に外遊びをしたいと思います

 

 

あっ、公園に行くまでちょっと薄着でベビーカーでウォーキングするのがいいかもですね!!

うんうん( ゚ー゚)( 。_。)

そうしよう!!

 

 

今回、冬のダイエットについて記事を書きながら
冬に太るポイントと痩せやすくするポイントを書き出してみると
なんだか、対策が見えてきて冬ダイエットの希望が見えてきました!!

 

このまま対策を書くと長くなってしまうので、冬ダイエットのすすめ~~実践編~で書きたいと思います

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます
☆ブログランキングに参加しています☆
皆様の応援ポチが励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ

googleAd336

googleAd336

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
にこ

にこ

高齢出産ママだからこそ、子供の成長と共に老いたくない!

きれいなママでいるためにいろいろ試しています♡☻♡☻♡☻♡

詳細プロフィール

-産後ダイエット
-, , ,

Copyright© ココロカラダなちゅらるtime , 2018 All Rights Reserved.