肌悩み BLOG 敏感肌

敏感肌にお悩みの方必見!敏感肌におすすめしたいオーガニックコスメのスキンケア方法

こんにちは。にこです。

現代の女性の肌悩みといえば、年齢に関係なく乾燥を感じやすいことではないでしょうか。
肌の乾燥が改善しない状況が続いてしまうと、ちょっとしたことでも刺激になってしまう敏感肌になってしまいます。

今回は、刺激を感じやすくなってしまった方におすすめな植物とスキンケア方法の記事を書きました!

ポイント

  • 刺激を感じやすくなってしまった肌におすすめな植物
  • 敏感肌におすすめなスキンケア方法


多くの女性が悩んでいる肌の乾燥。

乾燥肌が改善しない状態が続くと敏感肌になってしまいます。
敏感肌になってしまうと、ちょっとしたことが刺激になってしまいつらいですよね。

記事前半では敏感肌とはどんな状態なのか、後半では敏感肌におすすめなスキンケア方法を書くので、お付き合いくださいね。

肌力を高め美しい肌を手に入れるためのスキンケア選びの参考になればうれしいです。



少しのことで刺激を感じやすい状態になってしまったら、肌の状態が整うまで時間がかかってしまいますが、

肌の状態を確認しながらじっくしとシンプル処方な化粧品を試してみてください。

多くの女性が悩む乾燥肌がひどくなると敏感肌になる


肌のバリア機能が弱くなり肌の乾燥を感じる状態が続いていると、ちょっとした刺激でもピリピリとした痛み痒み、赤みなどを引き起こしたしまう肌の状態になってしまいます。


敏感肌は肌のバリア機能が弱くなっている状態なので、紫外線や摩擦、乾燥などの刺激を受けやすい状態です。



一時的に症状が現れ少しすると回復することが多いのですが、敏感肌は肌のバリア機能が弱っている状態なので放置すると他の症状を引き起こしてしまう可能性があるのでしっかりとしたセルフケアが必要となります。






敏感肌も乾燥が根本的な原因であることが多いので、乾燥を感じたら放置せずにケアすることが大切です。



乾燥肌についてはこちらの記事に書きましたので、よろしければ覗いてみてくださいね。


\こちらの記事もおすすめ/

肌トラブル
乾燥肌にお悩みの方必見!乾燥悩みにおすすめしたいオーガニックコスメのスキンケア方法

続きを見る

敏感肌のためのオーガニックコスメのスキンケア方法



肌は本来、自ら潤い、水分を保持することができます。

その機能を阻害することなくサポートするのがスキンケアの役割です。




トラブルに悩む方にオーガニックコスメをおすすめする理由は、長い歴史の中で使われてきた植物や天然成分が肌本来の働きを取り戻すサポートをしてくれるからです。





特に肌が敏感になっている時は、化学合成成分が配合されている化粧品はおすすめできません。

ナチュラルコスメやオーガニックコスメでも、化学合成成分ががたくさん使用されているでは植物は本来の力を発揮することがでないだけでなく、肌も化学合成成分により本来の機能を回復することが難しいです。


敏感肌は、ちょっとした刺激でもピリピリとした痛み痒み、赤みなどを引き起こしたしまう肌の状態になため、普段は問題のなく使用できている成分であっても刺激になってしまうことがあります。



化学合成成分だけでなく、天然醸造のアルコールであったり精油(エッセンシャルオイル)であっても刺激になってしまうこともあります。



敏感になっている肌を回復させるには、天然成分100%であることだけでなく刺激が少なくシンプルな処方の化粧品がおすすめです。

敏感肌におすすめな植物

敏感肌におすすめな天然成分をご紹介します。

敏感肌におすすめな植物

米ぬか
カモミール水
ヘチマ水

何をつけても肌がヒリヒリするくらい敏感になってしまった肌でも、ヘチマ水は刺激が少ないと言われています。

ヘチマ水は、昔から美人水と呼ばれるほど美容効果が高いものとして知られています。

ヘチマ水と販売されている商品であっても、グリセリンやパラベンなどが含まれていることもあります。

肌が敏感になっている方には、刺激となってしまうことがあるので成分表をしっかりと確認してから購入することをおすすめします。


敏感肌におすすめなオイル

シアバター

シアバターの原産地である西アフリカのサバンナ地帯では、あらゆる皮膚トラブルへの万能薬としても使われています。

シアバターは、かゆみや乾燥、肌荒れも優しくケアしてくれるだけでなく紫外線を和らげてくれるのでとってもおすすめです。

通常のシアバターは、精製されている白い色のものが一般的です。

精製された白いシアバターは、へキサンなどの合成溶剤で抽出・漂白したものです。


未精製のシアバターがおすすめです。

敏感肌におすすめスキンケア方法

敏感肌におすすめなスキンケア方法をご紹介します。


刺激が感じやすくなっている状態の肌は、薄くなってしまっていることが多いです。

顔を洗う時に使用する洗顔料は、合成界面活性剤がしようされていない石けんであっても刺激になることがあります。


そういった場合には、米ぬか洗顔がおすすめです。


米ぬかは、委縮してしまったり薄くなってしまった肌にアプローチしてくれる人の皮脂に似た潤い成分が豊富に含まれています。


米ぬかには、肌を再生する成分もあるのでバッチです。



敏感肌には、ヘチマ水やシアバターなど、シンプルでありながら肌再生作用がある化粧品がおすすめです。

刺激のない天然成分100%の化粧品で、徐々に肌を整えながら本来の肌バリア機能を回復させることが必須です。

まとめ


・ 敏感肌で悩んでいる人は、化学合成成分が配合されていない化粧品を選ぼう
・ 刺激の少ないシンプル処方の化粧品で肌のバリア機能を回復させることが必須


何をつけてもヒリヒリしてしまうくらい肌が敏感になっているとつらいですよね。


敏感肌の人は、肌がきわめて薄くなってしまい血管が透けてみえるために、赤みがかって見える場合もあります。


肌が敏感になってしまっている時は、肌のバリア機能を回復させることが必須です。




スキンケアで肌に刺激を感じてしまっている状態の時には米ぬか洗顔、ヘチマ水やシアバターなど、シンプルでありながら肌再生作用があるスキンケアがおすすめです。








顔の皮膚は、表皮と真皮を合わせると約2mmといわれています。
こんなにも薄い皮膚がさらに薄くなってしまっている状態だと、刺激を感じやすくなってしまうのは当然ですよね。


皮膚に備わっているバリア機能をしっかりと回復させることが、敏感肌を抜け出すポイントです。

RECOMMEND

-肌悩み, BLOG, 敏感肌