ココロカラダなちゅらるtime

高齢出産初めての育児とすっぴん美肌を両立させる敏感肌・乾燥肌・年齢肌に優しいアイテムの口コミ&体験レビュー

UVケア いろんなお話

春からしっかり紫外線対策!紫外線は肌老化の原因

更新日:

おはようございます にこです

 

先日、海に散歩に行ってきたのですが、じんわりと日差しを浴びている感覚がありました!

 

みなさん紫外線対策していますか?

夏に紫外線対策をすれば良いと思われがちですが、春も紫外線量が多いんですょ!!
4~9月で1年間の紫外線量の70~80%も占めるそうです

 

そして、肌老化の60%以上は紫外線によるダメージだと言われているので、春からしっかり紫外線対策をしていかないとですね

 

 

紫外線対策グッツを購入するときに、UVAとかUVBとかいうキーワードを見たことありませんか?

 

紫外線の基本的な知識を知ることで、自分に合う紫外線対策アイテムを知ることができれば良いと思い勉強してみました!!

 

 

紫外線の基礎知識

日光の中で、波長の長いものが紫外線と呼ばれています

 

紫外線は太陽から直接届く直射光だけでなく、空気分子によって散乱されて届く散乱光や地表面で反射される反射光もあります

 

紫外線は A波(UVA)
     B波(UVB)
     C波(UVC)の3種類に分かれます

 

3種類に別れる紫外線の違い

3種類の紫外線がそれぞれどんなものなのかまとめてみました

 

紫外線A波(UVA)

波長320~400nmの紫外線のこと(※1nmは1mmの100万分の1)

長波紫外線とも呼ばれます

 

全紫外線の90%以上を占めます
エネルギーは弱いのですが、雲やガラスを透過する性質をもつので生活紫外線とも呼ばれています

曇りの日も紫外線対策が必要といわれるのは、この紫外線を浴びてしまうからですね!
皮膚も透過し真皮まで到達してしまうので、シミ、シワの原因になります

 

 

エネルギー自体は弱いので、浴びている感覚があまり感じられないというのも厄介です
気がつかないうちにじわりじわりと皮膚の老化を進めているんです(´;ω;`)…

 

 

 

紫外線B波(UVB)

波長280~320nmの紫外線のこと

短波紫外線とも呼ばれます

 

 

線紫外線の10%以下ですがエネルギーがとても強いため、火ぶくれになるような日焼け(サンバーン)や皮膚がんの主原因になります

 

そういったことからUVBは、レジャー紫外線とも呼ばれています
雲などで遮られやすく、真皮の深いところまでは到達しないようです

 

 

 

紫外線C波(UVC)

波長190~280nmの紫外線のこと

 

ほとんど地上には到達しないそうです

 

 

 

 

日常の紫外線対策はUVA対策!

普段の生活でじわりじわりと浴びてしまう紫外線はUBAです

 

 

雲やガラスを透過する性質をもつ厄介な紫外線なので、家の中にいれば大丈夫!!というわけではないんですね・・・

 

 

では、普段の生活で紫外線からお肌を守るためにはどういった対策が必要になるのでしょうか?

SPF値の高い日焼け止めを塗っていれば安心なのでしょうか??

 

お肌を守る紫外線対策について、次回の記事で書きたいと思います

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます
☆ブログランキングに参加しています☆
皆様の応援ポチが励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

googleAd336

googleAd336

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-UVケア, いろんなお話
-, ,

Copyright© ココロカラダなちゅらるtime , 2017 All Rights Reserved.