UVケア BLOG

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違いはなに?

こんにちは。にこです。

日焼け止めを購入する時になにを基準に選びますか?

SPF値やPA値も日焼け止めを購入する時にチェックすると思いますが、成分により紫外線をどのように対策するか違いがあります。




配合成分による違いをチェックしたいという方に向けて、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤についての記事を書きました!

ポイント

  • 紫外線散乱剤とは?
  • 紫外線吸収剤とは?


日焼け止めをチェックしていると、紫外線散乱剤とか紫外線吸収剤というキーワードを見かけたことありませんか?


キーワード的にとっても似ているので、どっちも同じようなイメージを持ってしまいますが、どちらの成分にもメリット・デメリットがあります。




日焼け止めに使われている紫外線防止成分は、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤に分けられます。

記事前半でそれぞれのメリット・デメリットを、後半は日常生活の紫外線対策について私なりにまとめたのでお付き合いくださいね。





紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違いを知ると日焼け止め選びの選択肢が選べるようになります。

使用目的によって使い分けたり、お肌に負担になりにくい紫外線対策のお役にたてればうれしいです。

紫外線散乱剤とは?

紫外線散乱剤とはなにか、簡単にまとめてみました。

pen1特徴・成分

紫外線を跳ね返す成分。
皮膚の上に膜をはって鏡のように紫外線をはねかえします。金属の粉などの成分が使われています。


◆酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウム、タルクなど

pen1メリット

●物理的に紫外線を反射させるのでお肌に負担が少ない
●くずれたり取れたりしない限りは効果が続く

pen1デメリット

●粉は肌の上で水分や脂を吸着するので、乾燥を感じてしまう人がいる
●塗ると白っぽくなるものもある

紫外線吸収剤とは?

紫外線吸収剤とはなにか、簡単にまとめてみました。

pen1特徴・成分

肌の上で紫外線を吸収することで、熱などの別のエネルギーに置き換えて放散する物質

◆パラメトキシケイ皮酸2オクチル、オキシベンゾン、パルソールA、サリチル酸2オクチルなど


pen1メリット

●使用感がよい
●化学薬品なので様々な形状に加工しやすい
●濃度を濃くすることで高いSPF値を簡単に実現できる

pen1デメリット

●紫外線を吸収しながら化学変化を起こすため、肌に負担がかかることもある
●紫外線を吸収しつくすと効果が下がるものが多いので、こまめな塗り直しが必要

日常の紫外線対策は、どうしたらいい?




\こちらの記事もおすすめです/

しっかりと紫外線対策するために知っておきたい知識について、紫外線の種類とSPFとPA値の話を書きました。

UVケア
SPFとPAの値で何がわかるの?

続きを見る

 




適切な日焼け止めの量を塗り、2時間おきに塗り直すことを確実にできれば紫外線対策はばっちりなようですが、なかなか難しいですよね…


では、普段の紫外線対策はどのようにしたらいいのでしょうか?

普段の紫外線対策は日焼け止めだけでなく、ファンデーションを上手に活用することをおすすめします。

メイクアップ用品はあくまで肌に乗せるものなので、肌に膜を作って見た目をカバーしてくれます。

でも、それだけでなくファンデーションを塗ることで、外的刺激からもお肌を守ってくれます。


ほとんどのファンデーションには、タルクや酸化チタンなどを含みます。


これらは、一種の紫外線散乱剤と言われるものです。


そうなんです。

タルクや酸化チタンなどを含むファンデーションは、紫外線対策にも効果があるんです。

タルクや酸化チタンなどを含むパウダーファンデーションをムラなくキレイに塗れば、SPF20程度の日焼け防止効果を発揮するそうです。

 

リキッドやクリームタイプのファンデーションでもある程度は紫外線カットになるようですが、パウダーファンデーションに比べると顔料の密度が低いので効果は下がってしまうそうです。




紫外線対策のポイントは、パウダーファンデーションです。

日焼け止めめをこまめに塗り直すことが難しい方は、パウダーファンデーションを使いこなすのをおすすめします。


 
SPF値の高いファンデーションも販売されていますが、注意したいのが成分に紫外線吸収剤が含まれているかです。

紫外線吸収剤が含まれているものは、お肌への負担になってしまうものもあるようなので、購入時や使用時に確認することをおすすめします。

まとめ


・ 紫外線散乱剤は、紫外線を跳ね返す成分。
・ 紫外線吸収剤は、熱などの別のエネルギーに置き換えて放散する化学物質

 紫外線対策は、シーン別に使い分けたりファンデーションを活用するのがおすすめ

最近は、無添加コスメや植物由来成分配合のコスメなど、お肌に負担の少ないコスメを求める方が増えてきている傾向なので、紫外線散乱剤のみ使用された日焼け止めを販売しているメーカーさんも増えてきました。



どういう日焼け止めを使い、お肌を守るかはライフスタイルによると思います。

日常生活とレジャーは紫外線対策を分けたり、自分のライフスタイルに合わせた紫外線対策を探してみてくださいね。



オーガニックコスメブランドで販売されているファンデーションなどをチェックしてみると、SPF値やPA値が記載している商品も多く見かけるようになっています。

オーガニックコスメはケミカルコスメより機能が劣ると思われがちですが、そんなことはありません!


興味のある方はぜひぜひ、いろんなオーガニックコスメブランドさんをチェックしてみてくださいね。

私もおすすめ商品を紹介できるようにたくさんチェックしてみたいと思います。

RECOMMEND

-UVケア, BLOG
-, , ,